沖縄県は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦で命を落とした20万人超を悼む「慰霊の日」を迎えた。75年前のこの日、旧日本軍が組織的戦闘を終えたとされる。最後の激戦地、糸満市摩文仁の平和祈念公園で、県などが主催する沖縄全戦没者追悼式が営まれた。玉城デニー知事は平和宣言で、人類史上他に類を見ない惨禍を経験した被爆地の広島、長崎と「平和を願う心を共有する」と訴え、不戦を誓った。

 今年はコロナの影響で規模を縮小し、安倍首相の招待は見送った。追悼式では遺族ら約160人が感染防止のため間隔を空けて着席し、正午に1分間黙とうをささげた。会場周囲にも静かに祈る人の姿があった。