【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長とミシェル大統領は22日、中国の李克強首相、習近平国家主席とテレビ電話で相次ぎ会談した。EUの声明や記者会見によると、フォンデアライエン氏は中国が香港に国家安全法制を導入すれば「大変否定的な結果」を招く恐れがあると述べ、重大な懸念を表明した。

 EU側は中国企業への産業補助金や国営企業優遇、中国へ進出する欧州企業に対する技術移転強要などの問題についても改善が進んでいないと不満を表明し「早急な進展が必要だ」と迫った。