【モスクワ共同】米国とロシアは22日、ウィーンで軍備管理に関する高官協議を行った。ロシア外務省によると、米ロ間に唯一残る核軍縮枠組みで来年2月に期限が切れる新戦略兵器削減条約(新START)の延長問題などについて討議。会談内容は不明だが大きな進展はなかったとみられる。

 米ロ高官の軍備管理協議は1月中旬以来で約5カ月ぶり。米国は軍備管理担当のビリングスリー大統領特使、ロシアはリャプコフ外務次官が出席し、タス通信によると協議は約10時間に及んだ。