【ドバイ共同】アラブ首長国連邦(UAE)の主要都市ドバイの政府は22日までに、新型コロナウイルス感染症の対策で3月中旬から停止していた外国人観光客の受け入れを7月7日に再開すると発表した。

 観光客には出発前にPCR検査を受け、陰性の証明を求める。ドバイ到着時に証明できなかったり、新型コロナの症状が疑われたりする場合は、空港でのPCR検査を義務付ける。陽性となれば施設で14日間隔離される。

 ドバイに拠点を置くエミレーツ航空は、欧米や東南アジアを中心に運航を拡大している。