いしかわ動物園(石川県能美市)は22日、5月にふ化したトキのひな1羽が巣立ったと発表した。同園での巣立ちの確認は今シーズン初めてで、11年連続となった。他にも2羽のひなが順調に育っており、いずれも6月中に巣立つ見通し。

 県によると、飼育員が22日朝、ひな1羽が巣から自力で出ているのを確認。止まり木の上で羽ばたく練習をするなど健康状態は良好という。新潟県の佐渡トキ保護センターから移された9歳雄と8歳雌のつがいの卵から、5月9日に人工ふ化した。