日本サッカー協会は22日、臨時理事会を開き、23年女子W杯招致への立候補を取り下げることを決めた。25日にFIFAの理事会で開催地が決まる直前での断念について、日本協会の田嶋幸三会長は票読みで劣勢なことなどを理由に挙げ「苦渋の決断。全く支持されずに負けることは次につながらない」と述べた。

 田嶋会長は、東京五輪の延期決定で、女子の世界大会が短期間に日本で続けて開催されることへの抵抗感が強まったと説明した。新型コロナの影響で招致活動も十分にできず、FIFAが10日に公表した評価報告書で、日本は共催を目指すオーストラリア・ニュージーランドに次ぐ2番手だった。