全日本空手道連盟は22日、新型コロナの影響で1年延期された東京五輪の代表について、組手の男子67キロ級と女子61キロ級の選考を見直すことを正式決定したと発表した。いったん確定した日本代表の再選考は全競技を通じて初めて。

 日本勢にとって最後の五輪ランキングのポイント対象大会だった3月のプレミアリーグ・ラバト大会(モロッコ)が中止され、佐合尚人と染谷真有美が、その時点でのランキングで代表に確定した。しかし、その後世界空手連盟(WKF)が来年に代替大会を実施することを決めた。

 男子67キロ級は佐合と篠原浩人、女子61キロ級は染谷真と森口彩美の争いとなる。