加藤勝信厚生労働相は22日の参院決算委員会で、新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した可能性がある場合、スマートフォンに通知が届く「接触確認アプリ」について、運用を始めた19日から21日まででダウンロード数が270万件と明らかにした。

 加藤氏は「アプリは個人情報の入力の必要がなくプライバシーに最大限配慮した仕組みだ」と強調。「参加する人が増えれば増えるほど効果は高まっていく」として普及に努める考えを示した。

 国民民主党の古賀之士氏への答弁。