【北京共同】中国人民銀行は22日、金融機関の貸出金利の目安となる「ローンプライムレート(貸出基礎金利、LPR)」の1年物を3・85%に据え置いた。事実上の政策金利で、引き下げれば新型コロナウイルスで資金繰り悪化に苦しむ企業への融資を促す効果があるが、2カ月連続で見送った。

 人民銀は最近「今後に政策の余地を残すべきだ」(郭樹清・同行共産党委員会書記)と強調しており、景気動向を慎重に見極める姿勢とみられる。5年物も4・65%のままとした。

 人民銀は2月と4月に新型コロナの悪影響を和らげるため利下げしたが、5月は据え置いた。