愛知、兵庫の両県公安委員会は22日、特定抗争指定暴力団の活動を厳しく制限する「警戒区域」を両県内で拡大するため、それぞれ山口組と神戸山口組から意見聴取する場を設けた。いずれも組織側は出席しなかったが、手続きに支障はない。愛知県内ではあま市が、兵庫県内では南あわじ市が、7月上旬にも追加される見通し。

 両組織の抗争事件が相次いだことを受け、愛知、兵庫など6府県の公安委は1月、両組織を特定抗争指定暴力団に指定。警戒区域内でのおおむね5人以上での集会や組事務所の使用などが禁止された。