【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、韓国に対する糾弾ビラの散布準備が終わりつつあると報じた。平壌の出版印刷機関で1200万枚を印刷、韓国の奥深くまで飛ばすための約3千個の風船などを準備しており、「報復の時刻は迫っている」とした。

 ビラには「各階層の人民の怒りと敵対心」が込められており、過去最大規模になると予告。地方の印刷工場でも数百万枚を追加印刷する準備を進めており、「さまざまな散布手段」を用意しているとした。

 韓国政府の中止要求に応じない立場を改めて明確にした上で「ビラとごみを収拾するのがどれほど厄介で気分が悪いことか」を思い知らせると強調した。