【ロンドン共同】英南部レディングの公園で複数人が刺された事件で、警察当局は21日、殺人容疑で逮捕した男(25)を、反テロ法違反容疑で再逮捕した。英メディアが伝えた。テロ対策部門が詳しい動機などを調べている。

 複数の英メディアによると情報局保安部(MI5)は昨年、男の存在を把握。海外に渡り過激活動に参加する恐れがある人物との情報があったが、初期捜査の末、差し迫ったリスクがないと判断していた。

 男はリビア出身。数年前に英国に入国し、その後、難民認定を受けた。英紙デーリー・テレグラフによると、テロとは無関係の比較的軽微な罪状で服役し、今月、早期保釈されていた。