【ワシントン共同】米下院のナドラー司法委員長(野党民主党)は21日、トランプ政権に解任されたニューヨーク連邦地検のバーマン前検事を同委に呼び、事情を聴くと明らかにした。前検事はトランプ大統領の顧問弁護士ジュリアーニ元ニューヨーク市長の捜査を指揮しており、政権による司法介入の疑いがあるとみて徹底追及する方針。CNNテレビで語った。

 ナドラー氏は、バーマン氏解任を主導したバー司法長官について「弾劾に値する」と強く非難した。ただ、上院で与党共和党が多数派を握っているため、弾劾手続きに踏み切るのは「時間の無駄だ」と述べた。