男子テニスの杉田祐一(三菱電機)が21日、新型コロナウイルスの影響で満足に練習ができなかったり、全国高校総合体育大会(インターハイ)などの目標を失ったりした関東在住の高校1年生に呼び掛け、東京都内で合同練習を行った。7人の参加者と3時間みっちり打ち合い「15、16歳は一番影響を受けやすい年齢。経験を伝えることは自分の勉強にもなる」と充実感をにじませた。

 以前からジュニア育成に関心があった杉田は今回ツアーが中断して生じた時間を利用し、初めて一般の高校生との合同練習を企画した。

 7月上旬までに宮城、福岡両県でも実施する予定。