共同通信社が20、21両日に実施した全国電話世論調査によると、安倍内閣の支持率は続落し、前回5月末より2・7ポイント減の36・7%となった。不支持率は49・7%だった。公選法違反(買収)容疑で逮捕された前法相の河井克行衆院議員と妻の案里参院議員=共に自民党離党=について「議員辞職すべきだ」との回答は90・4%に達した。党総裁の安倍首相に「大いに責任がある」「ある程度責任がある」の合計は75・9%に上った。

 単純比較はできないが、内閣支持率は12年の第2次安倍政権発足以降、17年7月に記録した35・8%に次ぐ低さ。回答は固定電話508人、携帯電話500人。