新型コロナウイルスの終息を願い、横浜市の横浜中華街と神戸市の中華街・南京町で21日、獅子舞が披露された。中国では獅子舞は「福をもたらす」とされており、飲食店などでつくる組合が企画。密集を避けるため、事前告知なしのサプライズだった。

 横浜中華街では開始時刻の午後3時、爆竹の破裂音と太鼓、かねの拍子が周囲に響いた。黄と青の2頭の獅子舞が力強く跳びはねると拍手が起こり、足を止めた観光客らが一斉にカメラを向けた。

 横浜中華街は、1月に国内初の感染者が神奈川県内で確認されて以降、客足が激減していた。