【カイロ共同】エジプトのシシ大統領は20日のテレビ演説で、隣国リビアの内戦でシラージュ暫定政権側の部隊による攻撃が続いているとして、軍事介入も辞さないと警告した。エジプトは暫定政権と敵対する有力軍事組織「リビア国民軍(LNA)」を支援する立場で、今月上旬には停戦期間入りを提案していた。

 シシ氏は、暫定政権側が奪還作戦を展開している中部の要衝シルトなどを「レッドライン(越えてはならない一線)」と見なすと述べた。

 暫定政権側はシシ氏の演説を受けて声明を発表し「市民と国際平和への脅しだ」と反発した。