フランス政府は22日から、適切な新型コロナウイルス感染対策を講じる条件付きで、サッカーなど団体競技の実施を解禁すると発表した。柔道など接触がある格闘技系の競技は禁止される。フランス紙レキップ(電子版)が20日、報じた。

 また7月11日から、競技場への観客の入場も5千人を上限に許可される。7月中旬に影響を再調査し、その結果を受けて8月下旬にさらなる緩和も検討される。

 サッカーのフランス1部リーグの来季開始は8月22日の予定。今季は1部、2部とも全日程を終えずに打ち切った。(共同)