日本フェンシング協会は20日、オンラインで理事会を開き、9月に無観客で全日本選手権を実施することを決めた。出場は各種目の国内ランキングなど上位32選手に限定。17~19日に東京・駒沢体育館で準決勝までを行い、26日に場所は未定だが決勝を実施する。オンラインでの中継をする見込み。

 2017年に五輪銀メダリストの太田雄貴氏が会長に就任してから、全日本決勝の会場は18年に劇場、19年はコンサートホールを使用。照明の工夫や試合中の選手の心拍数を表示するなどの演出で注目を集めた。宮脇信介専務理事は「この環境の中で、できることを考えたい」と述べた。