20日午前8時半ごろ、長野県南木曽町田立の道路脇で、近くに住む無職横田邦男さん(83)が意識不明の状態で倒れているのが見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。首などにかまれたような傷があり、木曽署はクマに襲われた可能性があるとみて、付近の住民に注意を呼び掛けている。

 署や地元消防によると、横田さんはランニング中だったとみられ、帰宅しないことを不審に思い捜していた妻が倒れているのを発見し、119番した。

 周辺ではクマがたびたび目撃され、現場近くの木には爪で引っかかれたような跡があったという。