【ワシントン共同】米国務省は19日、ロシアとの軍備管理を巡る高官協議のため、担当のビリングスリー大統領特使が22~23日の日程でオーストリアを訪問すると発表した。参加を拒んできた中国も招待していると強調し、米中ロ3カ国で交渉を進める必要性を改めて訴えた。

 来年2月に期限切れとなる米ロ間の新戦略兵器削減条約(新START)などについてロシアのリャプコフ外務次官と協議する予定。ロシア側は条約の延長を求めているが、米側は中国を含めた新たな軍備管理枠組み作りが必要だと主張し、膠着状態が続いている。

 ただ、中国はこれまで米ロ間の交渉に参加しない姿勢を堅持している。