都道府県境をまたぐ移動が全面解除されて最初の週末となった20日、各地の観光地では人出回復への期待が高まった。新型コロナウイルス感染の再拡大を防ぎながら、いかに経済活動を軌道に乗せていくのか、試行錯誤が続く。

 JR東京駅は、利用客はまだそれほど多くないが、スーツケースや大きなかばんを持った家族連れや若い人たちの姿も見られた。新幹線の改札脇にある窓口は、感染対策として透明のビニール製シートが設けられ、係員がマスク姿で対応していた。

 政府は19日、緊急事態宣言の解除が最後になった首都圏4都県や北海道との間を含め、都道府県境を越えた往来を全て解禁した。