【ワシントン共同】トランプ米大統領は19日付の政治サイト・ポリティコのインタビューで、11月の大統領選で郵送投票が多くの州で認められれば、自身の再選が危うくなるとの認識を示した。新型コロナウイルス感染拡大の中、郵送投票で投票率が上がり、野党民主党に有利になると懸念している。

 トランプ陣営は郵送投票では不正が横行すると主張し全米各地で阻止を求める訴訟を起こしており、トランプ氏は「私にとっての最大のリスクは、これらの訴訟に負けることだ」と語った。

 トランプ氏は最近、新型コロナや黒人男性暴行死事件への対応を批判され支持率を落としている。