【テヘラン共同】イラン外務省報道官は19日、国際原子力機関(IAEA)定例理事会がイラン非難決議を採択したことを受け「全く建設的でなく失望した」と批判する声明を発表した。

 決議はイランが秘密裏に行った可能性がある過去の核関連活動の解明に向け、イラン国内2カ所に対する査察の受け入れなどを要求した。

 これに対し報道官は声明で「イランは最も高い水準でIAEAに協力している」と主張。決議の要求は、イランと敵対する米国の策略に基づいているとの考えを示し「イランとIAEAの間に危機をつくり出そうとしている」と反発した。