中日が18安打で乱打戦を制した。4―7の七回に高橋の適時二塁打などで3点。延長十回は堂上の犠飛で勝ち越し、阿部の適時打で加点した。救援の福に白星がつき、岡田がセーブ。ヤクルトは救援陣が崩れ、十回の好機も逃した。