厚生労働省は19日、新型コロナウイルスの感染第2波に備えた病床確保計画を策定し、7月下旬をめどに体制を整備するよう都道府県に要請した。全国の入院患者数が最大約9万5千人に上るとした専門家の「新たな流行シナリオ」を踏まえ、感染者数に応じて段階的に病床を増やすことで医療崩壊を防ぐとともに、コロナ以外の手術を延期するといった一般医療への影響を抑える狙い。

 厚労省は都道府県に対し、年齢構成など地域の実情に合った患者数を推計し、感染増加のスピードに合わせて、段階的に病床を増やす計画を7月上旬に策定し、下旬までに実施するよう通知した。