厚生労働省の専門部会は19日、ニコチン依存症患者向けに企業が開発した禁煙治療用のスマートフォン向けアプリの製造販売を了承した。病気の治療用アプリが認められるのは国内初。禁煙効果が長期間続くことを臨床試験(治験)で示した。

 アプリは、医療ベンチャー「CureApp(キュア・アップ)」(東京)が開発。同社は年内の保険適用と販売開始を目指す。禁煙外来でニコチン依存症と診断されて治療プログラムを受けている人が対象で、医師の処方を受けた人が購入する。

 現在の治療の課題である、患者が病院外・自宅で医師に接していない時の「治療空白」を埋めるのが狙い。