石油元売り大手の出光興産は19日、昭和シェル石油との経営統合に伴い、給油所のブランドを2021年4月から「アポロステーション」に統一すると発表した。長年親しまれたシェルのマークの給油所は、数年かけて日本からなくなることになる。企業ロゴも刷新する。

 出光は昨年4月に昭和シェルを完全子会社化する形で経営統合した。給油所のブランドはアポロマークの出光が全国に約3400カ所、昭和シェルは約3000カ所が併存していた。

 出光興産によると、出光は太陽神アポロをモチーフにしたデザインを1952年から、昭和シェルは1900年から貝のデザインをそれぞれ使ってきた。