ヤマダ電機傘下で経営再建中の大塚家具が19日発表した2020年4月期決算(単体、19年1月~20年4月の16カ月)は、売上高が348億円、純損益が77億円の赤字となった。新型コロナの影響で春の引っ越しシーズンの需要を取り込めず、2月に公表した66億円の赤字予想より悪化した。

 赤字は4期連続。20年4月期から決算期を変更したため単純比較はできないが、前期(18年12月期)より業績が悪化した。前期は売上高が373億円、純損益は32億円の赤字だった。

 閉店で店舗数が減少したほか、まとめ買い需要が見込まれる大型店でも来客数が低迷した。