【シンガポール共同】シンガポールで19日、新型コロナウイルスの感染拡大防止のための規制が約2カ月半ぶりに大幅に緩和された。小売店の営業や外食などが解禁となり、経済活動が本格的に再開した。

 同国では4月7日以降、多くの店舗が閉鎖され、家族以外と会うことなどは原則禁止されていた。規制緩和で5人までの集まりが可能となり、人気店前には行列ができ、飲食店では食事を楽しむ人々の様子が見られた。

 外出時はマスクを着用し、他人と1メートル以上の距離を保つことが義務付けられている。濃厚接触者を特定するため、店舗への出入りは政府管理のアプリなどで記録する。