東京五輪の自転車トラック種目男子ケイリン代表の脇本雄太と新田祐大(ともに日本競輪選手会)が19日、和歌山市の和歌山競輪場で行われた競輪の第71回高松宮記念杯(G1)第2日に出場、脇本は第12レースで前日に続く1着、新田は第11レースで4着だった。

 脇本は残り1周半手前でスパートをかけトップに立ち独走。新田は後方から追い上げたが届かなかった。両選手とも20日の準決勝に進み、21日の決勝を目指す。

 脇本と新田は、五輪が延期となったため、今大会で今年初めて競輪のレースに出場した。