新型コロナウイルス感染による肺炎で3月29日に亡くなったタレント志村けんさんの地元の東京都東村山市は19日、志村さんを名誉市民とする議案を市議会に提出すると発表した。25日の本会議で可決されれば、兄知之さんに代理授与する予定。

 渡部尚市長は、19日の記者会見で「天才的な笑いで多くの人に夢や元気を与え、東村山市の存在を全国に知らしめてくれた。志村さんは東村山の恩人であり、発展の功労者だ」と述べた。

 志村さんの死去後、市のホームページには追悼メッセージが約2万2千件届き、「志村さんを名誉市民に」「記念碑を作ってほしい」という声も多く寄せられていた。