菅義偉官房長官は19日の記者会見で、逮捕された河井克行前法相と妻の案里参院議員=いずれも自民党離党=による公選法違反(買収)事件の説明について、安倍晋三首相ではなく、自民党が担うとの考えを示した。首相がいつ説明責任を果たすのかを問われ「自民党が対応することになる。党公認の候補者であり、選挙は党主導だからだ」と述べた。首相への追及を避けるため党に説明責任を丸投げした形だ。

 首相は18日の会見で「かつて法相に任命した者として責任を痛感している」と述べていた。