梶山弘志経済産業相は19日の閣議後の記者会見で、韓国政府が日本の輸出規制強化を巡り世界貿易機関(WTO)事務局などに紛争処理小委員会(パネル)の設置要請書を送付したことに関し「極めて遺憾だ」と話した。これまでの政策対話を継続し、解決を目指す意向も明らかにした。

 梶山氏は、今回の韓国の対応は、対話を通じて懸念の解決を図る両国の合意を「ほごにしかねない」と指摘。両国の対話は順調に行われているとし「その中でしっかり解決を図ることが本来のあるべき姿だ」と述べた。

 菅義偉官房長官は19日の記者会見で「今後とも韓国側に適切な対応を強く求めていきたい」と説明した。