政府は19日、各府省庁の事務次官級でつくる「女性職員活躍・ワークライフバランス推進協議会」を開き、テレワーク推進や業務効率化を盛り込んだ働き方改革の実施方針を決定した。新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言下で進んだ取り組みを「コロナ後」も定着させ、新しい働き方に変えていくのが狙い。

 実施方針では、各府省庁に7~9月のうち、少なくとも1カ月間を「働き方改革推進強化月間」と位置付け、閣僚や事務次官から、取り組みを促すメッセージを発出するよう求めた。