文化庁は19日、地域の有形・無形の文化財を組み合わせて魅力を発信し、観光振興などにつなげる「日本遺産」に21件を新たに認定した。2015年度からの累計で104件となり「20年度までに100件程度」とした目標に到達。これまで認定遺産がなかった東京都からも初めて選ばれ全都道府県に拡大した。今回で認定は最後とし当面は追加しない。

 21件は、兵庫県の「『伊丹諸白』と『灘の生一本』」や東京都の「霊気満山 高尾山」など。今後は既存の遺産の底上げを図る方針で、選考で漏れた候補の扱いも含めて有識者委員会で具体策を検討する。