【シドニー共同】オーストラリアのモリソン首相は19日記者会見し、同国政府や公的機関などが海外の国家的組織から大規模なサイバー攻撃を受けていると明らかにした。どこの国か名指しはしなかったが、新型コロナウイルスの発生源調査を巡り関係が悪化している中国の関与が指摘されている。

 モリソン氏は「あらゆるレベルの政府、産業、政治、教育を含むオーストラリア中の幅広い組織を対象にしている」と述べ、「規模や性質から、洗練された国家ベースの行為者」が関わっているとの見方を示した。

 中国はモリソン氏が4月にウイルスに関する独立調査の必要性を主張したことに激しく反発している。