国際スケート連盟(ISU)は18日、4回転ジャンプのルッツとループの基礎点を11・00点に変えるなど2020~21年シーズンで適用予定だったフィギュアの規定変更を保留すると発表した。新型コロナウイルスの影響で、リンクや練習の再開が遅れていることなどが理由。

 新規定では4回転でルッツが11・50点から下がった一方、ループは10・50点から上がってともにフリップと同じ基礎点とし、3回転はルッツが5・90点から5・30点に下がり、フリップと同じ基礎点に設定されていた。