ヤマダ電機の傘下で経営再建中の大塚家具は19日、ヤマダが扱う家電の販売を愛知や兵庫、福岡など6都府県の7店舗で本格的に開始。これに先立ち7店舗の一つの新宿ショールームを報道陣に公開した。

 生活場面ごとに必要な家具と家電をセットで展示することで、販売促進の相乗効果を狙う。

 各店舗では、テーブルとテレビのあるリビングや、ベッドと空気清浄機を置いた寝室など、具体的な暮らしのイメージを描けるよう工夫。

 新宿、横浜みなとみらい、名古屋栄の3店舗では製品を比べやすいよう家電専用フロアも設けた。

 家電販売はこれまで有明本社だけだった。