新型コロナウイルス感染拡大で延期が続いていたプロ野球は19日、約3カ月遅れでセ、パ両リーグ公式戦が開幕し、無観客のナイターで6試合が行われる。長期間の自粛を余儀なくされた国内スポーツ界が、正常化へ向けて一歩を踏み出す。

 4年連続日本一を狙うソフトバンクは福岡市のペイペイドームにロッテを迎える。セ2連覇を目指す巨人は東京ドームで阪神と対戦する。

 無観客ということもあり、午前中の各球場の周辺は人影もまばら。パ3連覇を狙う西武が日本ハムと対戦する埼玉県所沢市のメットライフドームは雨が降る中、試合に向けて準備をする球団職員の姿がある以外は閑散としていた。