【ロンドン共同】英中央銀行イングランド銀行(BOE)は18日、前日まで開いた金融政策委員会で、国債などを買い入れ市中に資金を供給する量的金融緩和の拡大を決めたと発表した。資産購入枠を1千億ポンド(約13兆4千億円)増やし、総額7450億ポンドとする。過去最低の年0・1%としている主要政策金利は維持する。

 新型コロナウイルス感染症流行により経済が著しく落ち込む中、十分な資金を供給し企業や家計を支援する。日米欧など世界の各中銀が大規模緩和で景気を下支えする姿勢がより鮮明となった。

 新型コロナの影響で、英経済は大きく落ち込んでいる。