特定危険指定暴力団工藤会(北九州市)の新たな活動拠点として今月、官報で公示された工藤会系組事務所(同市小倉北区)を、所有する幹部が親族経営の会社に二千数百万円で売却するとの契約が成立したことが18日、捜査関係者らへの取材で分かった。福岡県警は暴力団対策法に基づく新拠点への使用制限命令回避を狙った動きの可能性もあるとみている。

 捜査関係者によると、官報に公示されたのは会長代行として暫定トップの立場にある男性幹部(72)が組長を務める2次団体・矢坂組の事務所。2月に撤去が完了した本部事務所の代替施設として、会合などが行われていた。