世界遺産「高野山」を構成する国史跡の参道「高野参詣道町石道」に、溝が掘られていたことが分かった。約2キロの範囲の12カ所に掘削や盛り土がされていた。和歌山県かつらぎ町が18日、記者会見を開き、明らかにした。

 町は、県北部の80代男性の行為と特定できたとし、同日、史跡や天然記念物を現状から変えることを禁じた文化財保護法違反容疑で、かつらぎ署へ告発した。署は受理した。5月21日に町に情報が寄せられて発覚した。

 現場は高野山金剛峯寺や奥の院へ続く全長約24キロの参道の一部。9世紀ごろ、1町(約109メートル)ごとに「町石」と呼ばれる石塔が設置されたとされる。