新型コロナウイルスの感染拡大により延期が続いていたプロ野球は19日に当初の日程から約3カ月遅れてセ、パ両リーグ公式戦が開幕する。国内の主要スポーツの先陣を切って、長引いた自粛からの正常化へ第一歩を踏み出す。

 当初は無観客試合で、政府の緩和方針などを踏まえながら段階的な観客増を目指す。レギュラーシーズンは各チーム143試合から120試合に短縮し、セはクライマックスシリーズ(CS)開催を断念した。選手や関係者が定期的にPCR検査を受けるなど、感染予防に留意しながらシーズンの完遂を目指す。