米ロサンゼルス市警特殊部隊の活躍を描く海外ドラマ「S.W.A.T. シーズン3」に、俳優の小沢征悦がゲスト出演。東京が舞台の13話で、主人公ホンドーらを振り回す情報提供者サトウを演じた。日本での放送に合わせ「見慣れた東京の街での激しい銃撃戦と、僕の“小物感”を楽しんでほしい」と、ちゃめっ気たっぷりに見どころを語る。

 迫力あるアクションと、重厚な人間ドラマが人気のシリーズ第3弾。13話ではホンドーたちが、ある男を警視庁に引き渡すため来日する。しかし、男は脱走。ホンドーらは男の行方を追って情報屋サトウに接触する。

 劇中で「小物」と紹介されてしまうサトウ。小沢も「最初は威勢のいいことを言うが、相手に強く出られるとすぐに折れる」と、そのヘタレぶりに苦笑する。情けないが憎めないキャラクターを、コミカルに表現した。

 撮影は東京・上野の居酒屋で実施した。「リアルな東京の風景を生かしつつ、欧米人が好むアジアの雑多な雰囲気を表現している」と小沢。日本にいながら海外作品の撮影に参加するのは「時空がねじれているような、不思議な体験だった」。

 待ち時間には主演のシェマー・ムーアらと雑談で盛り上がったという。役柄にちなみ「東京の情報を彼らにしっかり提供した」と話した。

 海外ドラマ専門チャンネル「スーパー!ドラマTV」で26日放送開始(毎週金曜夜)。13話は21日に先行放送される。