トヨタ自動車グループがスズキ向けに供給するスポーツタイプ多目的車(SUV)「RAV4」の電動車の生産を始めたことが18日、分かった。スズキは、今年後半に欧州で別の名前を付けて発売する予定だ。トヨタがスズキにOEM(相手先ブランドによる生産)供給するのは初めて。

 トヨタ系の豊田自動織機の長草工場(愛知県大府市)で今月初めごろから生産を開始した。

 トヨタとスズキは2019年3月、トヨタがスズキにハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などの電動車をOEM供給し、スズキが海外で販売する計画を公表していた。