【上海共同】中国のインターネット通販2位の京東集団(JDドット・コム)が18日、香港証券取引所に株式を上場、取引を始めた。公開価格は226香港ドル(約3100円)で、新株は1億3300万株を発行し約4160億円を調達。米ナスダック市場との重複上場となる。初値は239香港ドルだった。

 11日のポータルサイト運営の網易(ネットイース)に続き、2週連続で米市場に上場する中国企業が香港で株式を公開した。京東集団のライバルでネット通販最大手のアリババグループは昨年11月に香港で重複上場している。