任期満了に伴う7月5日投開票の東京都知事選が18日告示され、午後1時半現在で無所属現職の小池百合子氏(67)と新人21人の計22人が立候補を届け出た。主な争点は新型コロナウイルス対策や来年に延期された東京五輪・パラリンピックの対応。各陣営には感染防止対策で密集を回避する動きが広がり、オンラインを活用した選挙戦が展開されそうだ。

 他に立候補したのは、れいわ新選組の山本太郎代表(45)、無所属の元日弁連会長宇都宮健児氏(73)、無所属の元熊本県副知事小野泰輔氏(46)=維新推薦、諸派でNHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)=N国推薦=ら。