【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官と中国外交担当トップの楊潔チ共産党政治局員が17日、訪問先のハワイで会談した。米政府関係者が明らかにした。香港情勢や新型コロナウイルスの感染拡大を巡り米中対立が激化する中、緊張緩和につながるかどうか注目される。

 両氏は4月に電話会談したが、直接の会談は昨年8月以来とみられる。米メディアによると、会談は中国側が打診。トランプ政権は香港への国家安全法制導入などで中国への批判を強めており、中国側は対米関係のさらなる悪化は避けたい考えとみられる。ただ両国の溝は深く、妥協点を見いだすのは困難な状況だ。