100人以上の漫画家が新型コロナウイルスの影響を受けた日々を題材に短編漫画を描き下ろし、ツイッターなどで無料公開する講談社のリレー連載企画「MANGA Day to Day」が始まった。

 ちばてつやさんがウイルスのキャラクターをどう描こうかと悩む「悪魂」、弘兼憲史さんが描く「マスク島耕作」など人気漫画家の独創性あふれる作品が毎日更新されている。

 文芸作家らによる同様の企画「Day to Day」の漫画版で15日からスタート。各作品は4月1日以降の日本を舞台に描かれ執筆陣に、ゆうきまさみさん、森川ジョージさん、安野モヨコさん、東村アキコさんらも名を連ねる。